天候がひどくなる前に防水工事は終わらせておきましょう

天候次第では防水工事はできない!?

家の屋根の劣化が激しい場合、台風シーズンが来ると雨漏りが怖くなります。そのため、防水工事は台風が来る前に終わらせておきましょう。しかし、防水工事は天候によってできる場合とできない場合があるため、雨が降るシーズンが来る前に終わらせておくのが好ましいです。ここでは、そんな防水工事の基本的なことを学んでいきましょう。

防水工事と天候の関係性について

晴れや雨などの天候は、防水工事に影響を与えますか?
与えます。正確に言えば晴れの日は問題ないですが、雨の日は防水工事そのものができません。そのため、雨のシーズン前に工事を行うのが好ましいです。特に注意すべきは、夏場です。夏場はときにゲリラ豪雨が発生し、工事中に問題が発生する可能性もあります。よって、雨の降らないシーズンに行うのが最適です。
防水工事が可能な天候条件を教えてください。
防水工事の一つである塗装工事は気温が5度以上で湿度が85%未満ならば工事が可能です。この基準に達しない場合は塗装の乾燥速度が遅くなるのです。また、乾燥するまでの時間の気温も重要になります。施工時は5度以上85%未満だったとしても、乾燥するまでの間にこの基準を下回ることもあるので、作業完了までの時間も考慮に入れて作業を行います。
雨が降っている日に防水工事をするとどうなりますか?
防水工事は、塗装工事を行うことによって雨水に強くなります。この塗装が乾燥することで雨水をはじくようになるのですが、水に濡れれば当然乾燥はしません。更に、雨水が混ざることによって塗装が変質し、雨に弱くなってしまいます。そのため、雨の日に防水工事を行うメリットは一切なく、むしろ害悪にしかなりません。

防水工事を行う時は、温度や湿気、天候など押さえておくべきポイントが非常に多いです。そのため、防水工事を行うタイミングは考慮しなければなりません。たまに天候条件が悪くても施工を行うという業者もいますが、上記したとおり天候が悪い日に行う防水工事にメリットはないので、絶対に行わないようにしましょう。

防水工事の途中で天候が悪くなった場合

女性

天気というのは、時に天気予報通りにいかないことがあります。突発的なゲリラ豪雨などは予想することができないため、時としてアクシデントに見舞われることがあります。ここでは、そんなアクシデントの対処法についてお話します。

天候が悪いときに防水工事を行うと起こるリスク

  • 防水塗料が薄くなってしまう
  • 防水シートの接着不良
  • 剥離やひび割れの発生
  • 水分の影響でまだらな仕上がりになる
  • 白化や硬化不良による不具合が発生

突然雨が降り出してきたら

防水工事を進捗や雨の程度で判断します。(40代/防水工事業者)

塗装工事は、基本的には天候の具合や進捗状況によって判断します。この時、無理強いして塗装作業を行うと、最悪の場合また一からやり直しになるので十分に余裕を持つことが大切です。そのため、雨が降らず雲一つない時期を狙いましょう。なお、塗料が乾く時間は1時間以上かかります。溶剤系の塗料は4時間以上かかる場合もあるので、時間の見極めが非常に重要です。また、雨以外にも夜露や朝露といった要因もありますので、スケジュールと進捗管理が大事です。

天候により防水工事を延期したら追加料金は発生する?

なお、雨が降ってやり直しになったときなどの追加料金ですが、基本的にほとんどの業者でも発生することはありません。雨は完全なアクシデントであり、こちらに一切の不手際がないからです。しかし、雨が降って中止になった分、工期が延長していくので家が長期間シートが覆いかぶさった状態になります。

TOPボタン